管理人:minoru_nがNikonF80にて撮影した写真を中心に日々の雑記を綴るサイトです。


by minoru_n
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

NikonD200スペシャルライブ

Nikonからデジタル一眼レフカメラの中級機D200が発表されました。
発売は12月16日の予定ですが、これに先駆け、各地でスペシャルライブ(新製品発表展示会)が開催されています。大阪でも先日の金・土に、南港(なんこう)のWTCで開催されたので、早速行ってきました。

当日(土曜日)は、朝から会社の同僚と草野球で汗を流し、一度家に帰ってから行こうと思っていたのですが、もう一度出かけるのも二度手間なので、草野球から直行することにしました(マリナーズデザインのユニホーム着たままで・・・)。
会場のある南港は、大阪湾に作られた人口島なのですが、当日はなんと大阪モーターショウも開催されており、大にぎわいでした。モーターショウに比べると、とても控えめなイベントでしたが、カメラオタクたちでそれなりにごった返していました^^;。

以下、手に取ったり会場で撮影体験をしたり、ミニライブを聴いてのD200のファーストインプレッションです。

【ホールド感・操作感】
F80よりだいぶ重たいです。Nikon曰く「必要な機能を集結させた結果」だそうです。これぐらいの重さがあれば、カメラという実感が沸き、ある種の人間はうきうきします。重たいですがグリップ周りなどは非常に良くできていて、操作系にもさっと指が伸びます。

【ファインダー】
明るいです。ヨドバシなどでいじったこれまでのNikonのデジタル一眼レフに比べても明るい気がします。でもFM3Aにはかないません。

【ISO感度とノイズ】
デジカメユーザーでない僕が、デジカメに一番憧れている点の一つが、ISO感度を自在に調節できる点です。フィルムカメラでは、一度装填するとそのフィルムの感度(増減感してせいぜい2段)で1本とり続けることになりますが、デジカメでは1コマずつ感度を変えることが可能です。D200では100から1600(増感して3200)まで設定できるので、スピードライトなんでほとんど必要ないのではと思えるほどです。
ただ、感度を上げた時に問題になるのがノイズの発生です。会場でいろいろと試して見たのですが800まではほどんどノイズはわかりません。1600に設定して影の部分を超拡大すると、若干ノイズが確認できました。被写体にもよりますが、おそらく通常のプリントサイズ(L、KGなど)では、ほとんど気にならないのではないでしょうか?

【ラチチュード】
フィルムが表現できる明暗の範囲(明るさに対する守備範囲)をラチチュードと言います。ラチチュードを超えると、明るすぎる場合は白飛び(真っ白に破綻)し、暗すぎる場合は黒つぶれを起こします。
これまでは、ネガがポジに対して広く、デジカメではそのポジよりももっと狭いのが通例でした。ところが、D200ではこの点が大幅に改良されているようです(ミニライブにて)。実際に撮影体験コーナーで試写してみました。黒のバックに白い服を着たモデルといういかにも「D200のラチチュードを試してみろ!!」的な被写体でしたが、結果は見事に白飛び・黒つぶれしませんでした。これまでのデジタル一眼レフでは、白飛びを押さえるために、全体的に色を押さえ気味に表現する手法がとられていたようですが、D200では「白飛びしない上に色表現はきちんと」しているそうです。

【VRレンズ】
今回、同時に発売された「AF-S DX VR ズームニッコール ED18-200mm F3.5-5.6G(IF)」も試してきました。VRレンズというのは、「手ぶれ」を補正するレンズです。実は、VRレンズをさわるのは今回が初めてでした。VRをOFFにして、少し気を緩めて30cm先の花を撮すと見事に手ぶれしてました(一見きれいに見えても、拡大するとよく分かる!)。次にVRをonにして撮影すると見事に静止画像が撮れました。でも、VRon時は、画面が微妙に動くので、軽い酔いを感じました。たぶん使ってるうちに慣れるでしょう。
最近のズームレンズにありがちなスカスカの安っぽい作りではなく、ずっしりとした質感で好印象でした。11倍の倍率もすごい!!

【価格】
別に、ファーストインプレッションではないですが、40万円以上する上位機に迫るパフォーマンスでありながら、本体価格は20万円を切ってくる見込みです。このスペックでこの価格は「買い」だと思います。フィルム派の私もかなり心を動かされました。

【購入予定】
車なんかと一緒で、こういう場所でさわってしまうと、モーレツに欲しくなりますね^^。夏に受けた資格試験に合格していれば、会社から報奨金20万円が出たはずなので当て込んでいたのですが、見事不合格だったので、少なくとも来年までは待つことになりそうです。

【オマケ】
前述のアサヒカメラ12月号では、D200とFM3Aの特集が組まれていました。D200は最新機種のインプレッションですが、2001年に発売されたFM3Aについては、「いまさらフィルムのマニュアル機をあえて使ってみよう」という記事でした。実は、いまこの二つのカメラにとても惹かれています。最新のデジタル機とマニュアルのフィルム機・・・・。
最近、FM3Aも少しずつ中古市場で値段が下がっているようです。デジタルの方は、もう少し様子をみることにしましょう(経済的にみるしかないのですが。。。)。


ところで、上記のスペシャルライブですが、東京、福岡、仙台はこれから開催です。興味のある方は是非足を運んでみて下さい。

では、また。
[PR]
by minoru_n | 2005-11-29 01:56 | 写真/カメラ