管理人:minoru_nがNikonF80にて撮影した写真を中心に日々の雑記を綴るサイトです。


by minoru_n
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

■コンパクトデジカメあれこれ

春になり、外出する機会が増えると、気軽に持ち運べるコンパクトである程度まともなデジカメが欲しくなってきます。現在所有しているのは、casioのEXILIM(初代モデル)と、KyoceraのCONTAX SL300RT*の2機種ですが、両者とも超薄型で鞄のポケットに常時持ち運ぶことが出来ます。前者は単焦点ですが、マクロ撮影ができません。例えば何かの資料の記録にスキャナ代わりに使用するという用途には向きません(仕事柄、こうした機能が重要であることに後で気づいた)。後者は、以前の記事でも触れましたが、デザインは秀逸、機能ともこのクラスにしては申し分ないのですが、バッテリー容量が恐ろしく小さいです。ただ、いろいろとウェブサイトで評判を読んでいると、確かにバッテリーの持ちは良くないようですが、僕の持っている機種は異常に持ちが悪いようなので、今度バッテリーを購入してみようかと思います(まだまだ使い続けられる機種だと思います)。

そんな中、そろそろまともな(そんなに薄型じゃなくて良いから、ちゃんと撮れてバッテリーももつもの)デジカメを購入しようかといろいろと調べてみましたが、結論としてはもう半年待てということになりそうです。
最近のコンパクトデジカメのトレンドは、ずばり"手ぶれ防止"のようです。手ぶれを防止するための方法は各メーカーそれぞれ工夫を凝らしていますが、一つはジャイロなど物理的・機械的に手ぶれを防止する方法、もう一つは高感度撮影を可能にし、光量不足のシーンでも高速シャッターが切れるようにする方法です。
好みは分かれるところですが、私のようにいまだにマニュアルカメラに興味を示している人間としては、後者の技術展開に大いに期待したいところです。

そもそも手ぶれのというのは、遅いシャッタースピードの元で発生します。カメラの露出を決めるのは「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」の3要素があり、絞りは「開放←明---暗→絞り込み」、シャッタースピードは「遅い←明---暗→早い」、ISO感度は「感度高←明---暗→感度低」という光学特性があります。シャッタースピードと絞りについては、これまでのフィルムカメラでも蓄積された技術なので、各メーカーそれなりに完成度の高いものを用意していますが、ISO感度については技術的にはまだまだ発展途上のようです。

フィルムカメラでは、ISO感度はフィルム側で決められていました。フィルムのケースに書いてある100とか400とかいうアレです。カメラ側では、基本的にはフィルムの持つISO感度にダイヤルなどを設定して撮影します(カメラ側でわざと感度を調整する増感・減感というテクニックもあります)。ところが、デジカメではこのフィルムにあたる部分(受光素子という)も最初からカメラ側に内蔵されているので、その技術開発は必然的にメーカー側に委ねられることになているのです。

ややこしい説明は省きますが、ISO感度を上げると暗いところでも撮影が可能となるのですが、これまでのコンパクトデジカメではISO400以上にするとノイズが発生して写真としては使い物にならないというのが常でした。今年のお正月の記事の写真もISO800に設定して撮影しましたが、全体的に砂嵐のようなノイズがかかっているのが分かると思います。
ところが最近、各メーカーでこの高感度撮影の技術がかなり進歩しつつあるようです。中でもあたま一つ抜け出している感があるのが、FUJIフィルムとSONYです。FUJIでは、最新のFinePixF11で高感度撮影の実現を謳っています。FUJIフィルムの場合は、他社との画素数競争に左右されず、600万画素前後で堅実に良い画質を目指しているところがフィルムメーカーらしく好感が持てます。同じくSONYも最新のサイバーショットの売りを「高感度撮影+手ぶれ防止」としています。

そんなわけで、現在一押しのデジカメは、上に挙げたFinePixf11なのですが(当然他の機能も含めた総合的な判断です)、僕としてはもう一押し欲しいところです。
具体的には、
・単三アルカリ乾電池が使用可能な構造にして欲しい
・35mm換算で28mmぐらいの広角撮影を可能にして欲しい
・マニュアル撮影の機能を充実して欲しい
の3点です。冒頭に挙げたCONTAXでバッテリーに泣かされている身としては、やはりバッテリーには慎重になりたいところです。このカメラはバッテリー性能も非常に高いのですが、もし充電し忘れていたら・・・?ということを考えると、やは乾電池の使用できる機種の方が良いですね。あとの2点は、マニアックな要望なのでここでは割愛します。

そんなわけで、乾電池が使えるデジカメは?ということになるのですが、乾電池が使用可能であれば、高感度撮影が出来ないなど、これがまた一長一短なのです。そういうこともあり、今年の秋頃には、乾電池使用可能で高感度撮影もでき、かつ広角レンズ搭載の機種が出そうな気がしています。現在、Fujiフィルムの他に、RicohのCaplioGX8の後継機種に期待をしているところです。
(乱筆ご容赦下さい)
a0013597_2375763.jpg
[PR]
by minoru_n | 2006-04-11 02:39 | 写真/カメラ