管理人:minoru_nがNikonF80にて撮影した写真を中心に日々の雑記を綴るサイトです。


by minoru_n
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

■マニュアル機再考

a0013597_23384.jpgF80購入以来"オブジェ"と化してしまったAE-1を久々に手にとってみました。
やはり、MF機はいいですね。金属カメラのズシっとした重さ、レンズのヘリコイドのトルク感、シャッター音、一枚ごとに必要なフィルムの巻き上げ・・・等々、現役で使っていた頃が懐かしくなりました。やはり、MF機は"自ら写真を作っている"感覚がたまらない魅力ですね。最新のAF機だとどうしても、カメラに頼ってしまいますから・・・。久々に実践に登板させようかなと思っています。

カメラに限らず、これまで人間が手を動かしてやっていたことを、コンピューターや機械がどんどんやってくれるようになっています。パソコンはその最たるものでしょう。僕は大学時代建築を専攻していましたが、ご存知の通り建築の設計では、CADを使うのがいまや常識となっています。

僕が学生の頃はちょうど過渡期で、学部の頃は手書きで図面を描き、大学院に進学してはじめてCADに触れたような時代でした。ところが、最近では、高校を出たばっかりの1年生でも、設計課題にCADを使用しているそうです。
CADの使用によって、綺麗な図面を描く事はできますが、建築の設計にとって最も大切なスケール感覚が身につきません。そのため、時として信じられないような設計ミスを平気でやっていることもあるようです。建築学会が発行する"建築雑誌"にも、この辺りの事を問題視して特集が組まれていました。
パソコンに限らず、"道具"というものは便利なものですが、まずは自分の手を動かしてやってみて道具がないことの苦労を味わい、その上で道具が開発されたことの"感動"を体験しなければ、人間は進歩しないのではないでしょうか?

ちょっと、説教臭くなりましたが、MF機を手にとって普段感じている事を簡単に書いてみました。この話は、自分でもかなりこだわっている部分なので、今後も度々登場するかもしれません。

【今日の一枚】
前回掲載したBarの数軒隣にあるおもちゃ屋さんの店先です。温泉街の真ん中ですが、ヨーロッパのベーシックな玩具を中心に街中の百貨店以上の品揃えです。テーブルクロスの赤とアイビーの緑のコントラストを前面に、後方で陳列されたおもちゃをぼかして配置しました。少し暗かったことと、後方を大胆にぼかしたかったので、目一杯開放で撮影しています。そのため、アイビーの一部にしかピンがきていません。残念。

★撮影データ
 ・NikonF80 + AF Nikkor 50mm F1.4
 ・f1.7 1/180
 ・velvia100(2段増感)
[PR]
by minoru_n | 2004-05-29 23:39 | 写真/カメラ