管理人:minoru_nがNikonF80にて撮影した写真を中心に日々の雑記を綴るサイトです。


by minoru_n
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

■花火の写真

もう夏も終わりですが、花火の写真の撮り方を紹介します。
花火は、夜に打ち上げられますが、意外と明るいのでちょっとしたコツをつかめば、"とりあえず撮るだけ"なら、それほど難しくありません。

露出の設定ができるカメラであれば、絞り優先オート(通常は"A"と表示されている)にして、絞り値を5.6~11ぐらい(開きすぎても絞り込みすぎてもよくないので、例えばコンパクトデジカメなどで絞りが3段階ぐらいしかないものは、真ん中の値に設定)に設定し、花火が開いた後でシャッターを押す・・・基本はこれだけです。花火が光って2/3ぐらい広がったときにシャッターを切るのがコツです。

最近のデジカメは、高感度性能も高いので、上の方法で手持ちでも何とかなる場合もありますが、より綺麗に撮るためには三脚またはどこかにカメラを置いて撮影するのが無難でしょう。
また、高感度性能が高いとはいえ、デジタル一眼でなければ、撮影条件によってはISO800以上はノイズが発生してしまうので、感度は低めに設定する方が良いでしょう。そうなると、シャッタースピードの条件はより厳しくなるので、三脚は必須となります。

下の写真は、この前行った八景島で花火が上がったので、"とりあえず撮った"ものです。良い例というわけではありません。大して準備しなくてもこの程度は撮れるということです。
ちょうどカメラを置けるところがあったので、据え置き、ピントは無限大、レンズキャップをレンズの下に置いて角度を調整し、ISO800、絞りf4で絞り優先オート(結果シャッタースピードは1/5秒)で撮影しました。
シャッターボタンを直接押すと手ブレが心配になるので、夜景撮影のときは、セルフタイマーを使用します。
ただ、花火はタイミングが命なので、リモコン等を使用すると良いでしょう。

D80 + AFAi Nikkor 35mm F2D
a0013597_203312.jpg

[PR]
by minoru_n | 2007-08-28 08:29 | 写真/カメラ