管理人:minoru_nがNikonF80にて撮影した写真を中心に日々の雑記を綴るサイトです。


by minoru_n
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

昨日触れたMF機の生産完了について、本日Nikonのサイトより正式に発表がありました。MF機だけでなく我がF80も含めたフィルムカメラ本体は、最新のフラッグシップ機であるF6と、初心者向けのFM10を除き生産終了、MFレンズについても主要な単焦点レンズ(これらの魅力的なレンズがまだ生産され続けるのが救い)をのぞいて生産終了とのことです。ついに、Nikonもデジタルへの全面的なシフトチェンジを決断したということですね。
我々Nikonファン(フィルム党)にとっては悲しいお知らせですが、何よりもこの決断を下したNikonの方々の無念というか覚悟は相当なものであったと推察されます。長い間お疲れ様でしたと心から申し上げたいと思います。

下の写真ですが、冬の荒涼とした原っぱを少女が凧糸を引きながら歩いています。こういう原風景的な場所って身の回りに結構あるのですが、しゃがんだり角度をかえると、それまで見えていたものが地平線に隠れ、普段とは異なった風景を作り出すことがありますね。

さて、被写体の少女は私の娘なのですが、自分の子供をネットに乗せることには非常に抵抗があります(今回は面が割れない形なので、掲載に踏み切りましたが・・・)。世の中には、自分の子供かわいさに、ネットで公開したり、キッズモデルに登録したりする方も多くいらっしゃるようですが、これだけ物騒な世の中では、変質者に獲物の存在を教えるとても危険な行為だと思っています。世の中から悲しい事件がなくなることを祈りつつ、今日は眠りたいと思います。
今日は、すこし暗い話題に終始してしまいました・・・。
a0013597_036101.jpg
[PR]
by minoru_n | 2006-01-12 00:50 | 写真/カメラ

■NikonMF機の終焉

予期されたことではありましたが、ついにNikonが最新のMF機であるFM3A及びMFニッコールレンズの生産を終了しました。正式なプレスリリースの予定はないようですが、下記サイトの方がNikonカスタマーサポートセンターに問い合わせて確認した結果だそうです。
http://www.camera-info.net/
ここ何回かこのブログでもFM3Aを物色中などと書いていた矢先のことだったので、やはりショックは大きいです。
今日、会社の帰りにふらっと(年明け後初めて)大阪駅の地下にある八百富写真機店(中古カメラ屋)に行きました。なんと!年末にあれほど並んでいたFM3Aが1台もありません(1台ぐらいはあったかも・・・)!!市場の反応は早いですね。参りました・・・。

FM3Aは、このAFがあたりまえの、しかもデジタル一眼レフがものすごい勢いで台頭してきた2001年に、突如としてMF機の最新機種として発表され、マニアの間で一大センセーションを巻き起こしました。NikonのMFカメラの中級機にはFMとFEという二つの見かけはよく似た二つの系統があったのですが、この二つを統合する形で登場したのがこのFM3Aです。

電源不要の機械式シャッターを搭載したFM系に対して、FE系は電子シャッターと絞り優先オートを搭載し、お互い兄弟のように競い合いながら80年代を駆け抜けました。
それぞれにメリット・デメリットはあったのですが、それらを補う形で融合するためにNikonが出した答えが、世界初の"ハイブリッドシャッター"でした。マニュアルでシャッタースピードを設定したときは機械式(電源なし)で、絞り優先オートで撮影する場合には電子制御されたシャッターが切られるという優れものです。
いろいろとネットを見ていても、もう手に入れるのは難しそうですね。遠い将来、再び中古店(骨董屋?)に並ぶまで待たなければならないかもしれませんね。
[PR]
by minoru_n | 2006-01-10 23:17 | 写真/カメラ

■世界一周

前回の記事で、何の気なしに我が愛機の写真を掲載しましたが、よく考えたら、本邦初公開でしたね。ノイズが異常に多いのは、コンパクトデジカメの役に立たない"ISO800"で撮影したからです。このデジカメ(CONTAX SL300RT*)、CONTAXブランドとCarlZeiss Vario-Tesser T*に惹かれて購入したのですが、柔らかなCONTAXらしい描写はさすがながら、バッテリー寿命が恐ろしく短いです。不良品をつかまされたのかもしれませんが、フル充電でも数枚で電池が減っていることがあります。冬場は使い物になりません。さらに京セラがCONTAX事業から撤退し、踏んだり蹴ったりです・・・。
ちなみに、当ブログ内のその他の写真は、フィルムで撮影した写真を、KONICAMINOLTAのDiMAGE Scan DualⅣというフィルムスキャナで取り込み、AdobePhotoshopLEで適宜ファイルサイズを落として掲載しています。

さて本題です。下の写真は、実家から歩いて数分のヨットハーバーに停泊していた「秋津洲(あきつしま)3世」です。元旦の撮影です。ご存じの方もいらっしゃる思いますが、ここから出航してなんと世界一周を終えたばかりの雄姿です。僕のつたない撮影では「雄姿」に見えないところが悲しいですが・・・。今年は元旦からこのような偉大な方(?)と出会え、幸先良くスタートが切れそうです・・・。
a0013597_239957.jpg
[PR]
by minoru_n | 2006-01-09 23:15 | 写真/カメラ
やや遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。
このサイトは、今日が事始めですが、仕事の方は昨日からスタートし、すでに本気モード全開です-o-。
2005年はとくに前半忙しく、ブログの更新もままならないままバタバタと過ぎてしまいました。
後半は、やや落ち着きを取り戻し、いくつか気に入った写真も撮ることができました。年末には、あの衝撃的なNikonD200の発売があり、かなり心を揺さぶられました。一方、その反動でなぜかマニュアル魂に火がつき、現在はもっぱら写真のようなスタイルで撮影にいそしんでいます。くっついているレンズは、マニュアルレンズです。
a0013597_0402656.jpg

さらに、これだけでは飽きたらず、中古店を巡りつつ、FM3Aや往年の名機F3なんかを物色したり、はたまたそんなもの買うお金があるのなら、単焦点レンズのラインナップの充実を図ろうかなどと思いを巡らせています。

年末年始は、例年通り実家に戻り静かに過ごしました。大晦日の夜は、昨年の記事にも書いたように、除夜の鐘をつき、その足で初詣に行くというここ10年来定番となっている年越しスタイルを踏襲しました。
更に、娘が成長したため、20数年ぶりに凧上げなんかもやりました。最近は、凧上げてる子も昔ほど見かけなくなりましたね。寂しいものです。

そんなわけで、今年の目標は1年間家族の笑顔を絶やさず過ごすこと、カメラではモノクロ写真に挑戦することなどを挙げつつ、今日はこの辺で・・・。
本年も、よろしくお願いいたします。
[PR]
by minoru_n | 2006-01-06 00:57 | 日常生活