管理人:minoru_nがNikonF80にて撮影した写真を中心に日々の雑記を綴るサイトです。


by minoru_n
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

■トミカ

日本残念!!
今日は、会社の近くのカフェバー(大型スクリーン完備)を予約し、会社の人十数人でW杯日本VS豪州戦を観戦しましたが、残念な結果に終わってしまいました。
「控えめな日本人」と「アグレッシブなアングロサクソン」の違いが如実に出た試合だったような気がします。次回の挽回を期待しつつ、本題に入りたいと思います。

もうすぐ2歳になる息子が、最近「のりもの」に目覚めました。道行くバスや電車はもちろんのこと、1台・1台の車にもいちいち反応するので、大変です^^;。

そんなわけで、僕も晴れて「トミカ」や「Nゲージ」のコーナーに出入りできるようになったわけですが、そこでとても魅力的なものを発見しました。
トミカの歴史は1970年に始まったようですが、1970年代のモデルがあの懐かしい箱とともに店頭にならんでいるのです。先日も、往年の名車「いすゞ117クーペ(下の写真)」を購入してしまいました。

そもそも、僕が幼少の頃、車好き(乗っていた車は至って普通のセダンですが・・)の父が、新車が出るたびにトミカを買ってきていたので、店頭に並んでいる70年代のモデルは見覚えがあるものばかりです。こんな僕のような世代が親になった頃を見計らって、随時昔のモデルを投入していく腹づもりなのでしょう。術中にはまっていますが、マイブームの予感です・・・。
a0013597_239369.jpg

[PR]
by minoru_n | 2006-06-13 02:41 | 子育て

■神戸な週末

たまには、こてこての「神戸な週末」を送ろうということになり、神戸空港ハーバーランドに行ってきました。
僕の住む町は、神戸市の隣で神戸市境とは反対側の端なのですが、村上春樹氏の表現を使えば、「たばこに火を着けてている間に通り過ぎてしまう」ぐらい小さな町なので、神戸には少し車を少し走らせれば、すぐに行くことが出来ます。

神戸空港は、予想に反してごった返していました。それほど飛行機の離発着があるわけでもなので、ごった返していたのは見学客です。駐車場も空港利用者用と見学客用とに分けられていました。

下の写真は、ハーバーランドでの1枚です。こてこてですが、神戸の海はカップルが絵になります(笑)。歩いていると、他地方の言葉が時々聞こえてきて、ここが観光地であることを思い知らされますが、このような全国区の観光地が近くにあることは幸せな事でもあります。
一方で、兵庫区や長田区の下町なんかも、上記とは対照的でそれはそれで魅力的ではあるのですが、観光客はまず来ないだろうなぁ・・・。
a0013597_032316.jpg

[PR]
by minoru_n | 2006-06-12 00:09 | 日常生活

■原風景

前回の写真は、かなり露出アンダーで撮影されています。夕闇が迫る雰囲気が出ていますが、残念ながら意図したものではなく偶然の産物です。いやはや・・・
今回の写真は、前回の写真を撮った位置から180度振り返って撮影したものです。
これも実家のすぐ近所での撮影です。廃船が無造作に転がっているのは、写っている小屋が造船所だからです。
人によって感じ方は様々だと思いますが、僕にとっては小さな頃から慣れ親しんだ原風景的なシーンでもあり、妙に心が落ち着きます。

誰しも「原風景」というものを持っていると思いますが、この国では、それがいつの間にか消え去ってしまうことも多いように思います。
原風景というのは、特に美しいものであるとは限りませんが、生まれて30年以上が過ぎた今、こうしてフィルムに納めることができたことに、ある種の喜びを感じています。
a0013597_116491.jpg

[PR]
by minoru_n | 2006-06-08 01:16 | 日常生活

■駐車違反取り締まり

6月1日から民間による違法駐車取り締まりが始まりました。
これまで路上駐車天国だった大阪の御堂筋では、違法駐車が1/10まで減ったそうです。
残りの9割がどこに行ったのか気になりますが、路上駐車のない御堂筋というのも何だか味気ない気がします。
ともかく、民間の監視員の方が、トラブル等に巻き込まれないことを祈ります。
a0013597_1595085.jpg

[PR]
by minoru_n | 2006-06-03 02:14 | 日常生活

■ハルキスト

いやはや、すっかり更新をさぼってしまいました。
今週号のAERAで、”昔の「春樹」に会いたい”と題した特集が組まれていました。「春樹」とは、もちろん村上春樹氏です。氏の小説にとりつかれた人々を「ハルキスト」と呼ぶそうで、僕も軽いハルキストの一人です。

氏の作品は、独特の空気感で定評がありますが、特に初期の作品は、余計な肉をそぎ落とした骨と筋のデリケートさと力強さとの微妙なバランスが心地よいですね。
僕も、精神的に一人になりたいときや気持ちをシンプルにしたいときなどには、本棚から引っ張り出して拾い読みしたりしています。
村上春樹の小説様な写真が撮りたい(?)と試行錯誤する日々です。

写真は、ゴールデンウィークに実家の庭先に咲いていたオオテマリです。午後の日差しに照らされて真っ白に輝いていました。
a0013597_056085.jpg

[PR]
by minoru_n | 2006-06-02 01:00 | 読書