管理人:minoru_nがNikonF80にて撮影した写真を中心に日々の雑記を綴るサイトです。


by minoru_n
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2006年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

先日記事にした、「会社を辞める部下」が出社してきましたが、周囲へかけた迷惑と、さいごまで自分なりに責任を果たそうと一生懸命になっている姿を見て、怒りもどこかへ飛んでしまいました。
新しい環境でも、その謙虚な姿勢を忘れず頑張って下さい。

阪神タイガースの”奇跡の逆転優勝”が騒がれています。現時点で、首位中日と3.0ゲーム差の2位。残し試合数等を勘案して冷静に考えると、とても無理な話なのですが、一時は9.0ゲームあった差を、3.0まで縮めた快進撃をみていると、ついつい期待してしまいます。
おかげで、先週も平日の10時頃にも拘わらず、阪神梅田駅はご覧の通りタテジマ一色でした。
a0013597_125085.jpg
私も、奇跡を信じて応援を続けたいと思います。

先日読んだ本。
「本の読み方 スロー・リーディングの実践(平野啓一郎・著 PHP新書)」
タイトル通り、本の読み方について書かれた本であり、よくある「速読術」に対するアンチテーゼとして、本をじっくりと読むこと=他者(作者)を理解すること=人間性の向上といったことについて、非常に分かりやすく書かれている。
著者の平野啓一郎氏は、ご存知の通り、「日蝕」で第120回芥川賞を受賞し「三島由紀夫の再来」と言われた作家だが、実は私の高校の2年後背にあたる。一応、私が3年生の時に、同じ学舎に1年生として在籍していたようだが、残念ながら面識はない。
これまでテレビインタビューなどで見た印象では、「小難しい事をしゃべるキザな奴だ」と思っていたが、この本に書かれている事には、共感する部分が非常に多かった。
読書の秋に入る前に、是非一読して頂きたい一冊である。
[PR]
by minoru_n | 2006-09-27 12:59 | スポーツ

■自転車

上の子が、昨日から自転車の「補助なし」の練習を始めた。
午前中何となく聞いてみたら、「今日から練習したい!」と言い出したので、昼からスタンドを購入し、補助輪を外して付け替え、夕方近くの公園で1時間ほど練習をした。
予想に反して飲み込みが早く、5~10mぐらいは支えなしでも進めるようになった。
今後の課題は、”ごぎ始め”。

「寝返り」とか「つかまり立ち」とか「歩く」というのは、健康に産まれてくれば早かれ遅かれ自然と身に付くものだが、自転車に乗るというのは、本人の努力がなければできない芸当である。
小さな体で頑張っている姿に、”初めて立った”とか”歩けるようになった”時とは、全然レベルの違う感動を覚えた。
[PR]
by minoru_n | 2006-09-19 13:02 | 子育て

■部下の退職

約1年半面倒を見てきた私の部下が、9月末に退職すると上司から聞いた。あと2週間である。関係は極めて良好だったが、私をはじめ同僚には何の相談も無かった。
確かにうちの会社は、異常に残業時間が多く、決して良い就労環境とはいえない。辞めること自体は本人の気力・体力の問題もあるので、否定はしない。
しかし、1年以上一緒に仕事してきた仲間に対して、それはないやろ!!と内から怒りがこみ上げてきた。これが最近の若者なのか・・・?ちなみに彼は只今夏休み中・・・。

仕事で撮影した写真。この鉄橋、90年以上を経過した代物だが、近々架け替えられる事が決まっている。私の仕事は、この鉄橋の今後をどうするか?を検討する委員会の運営(事務方として資料を作ったり、会場を準備したり、根回ししたり・・・・)。今は、その資料を作成して、客先(役所)のチェック待ちの間にブログを更新・・・。
こんな形で、少しでも更新回数を増やしていこうかと思案中・・。
a0013597_2329394.jpg


通勤時間中しか暇がとれないが、今読んでいる本。
「村上春樹の隣には三島由紀夫がいつもいる(佐藤幹夫・著 PHP新書)」
村上春樹の世界を、三島由紀夫的世界への挑戦と捉え、驚くべき共通点や世界観を分析している。疲れた頭でぼんやりと読むには、あまりに難解だが、こうした独創的な理屈を聞いているのはおもしろい。
[PR]
by minoru_n | 2006-09-13 23:31