管理人:minoru_nがNikonF80にて撮影した写真を中心に日々の雑記を綴るサイトです。


by minoru_n
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

■杞憂

前回の記事でISO感度の事を書きましたが、結局増感設定はしておらず、ちゃんと仕上がって帰ってきました。よかった。よかった。

ここは、大阪梅田にある通称”マルビル”。東京駅前にも同じ呼び名のものがありますが、あちらは”丸ビル(丸の内ビルディングの略)”。
こちらは、なぜマルビルなのかは、一目瞭然。
その昔、
”ほな、マルビルの角で待ち合わせなー”
”おう、わかった。・・って、どこやねん!!”
というギャグが流行りました。

F80+Ai AF Nikkor 35mmF2D
a0013597_22363315.jpg
a0013597_22371698.jpg

[PR]
by minoru_n | 2007-02-24 22:38 | 写真/カメラ

■ISOの増感

1月半ばから急に忙しくなり、約1ヶ月間カメラに入れっぱなしだったTREBI100(ポジフィルム)をようやく日曜日に現像に出しました。・・・が、問題が発生。

フィルムを入れたのが1ヶ月前、フィルムの増感設定をしていたのかどうかの記憶が定かでなくなり、フィルムを差し出したまま固まってしまいました。結局、覚悟を決めて増感していないことにしましたが・・・。
ちなみに、増感というのは簡単に言うとフィルムの能力(ISO感度)をカメラに高めに伝え、カメラにそのつもりで露出を決定させる技です。やや暗いシーンなどでシャッタースピードを確保でき、手ブレを防ぐなどのメリットがあります。
ただし、現像のときにそのような設定をしたものであることを伝えなければ、悲惨な結果になってしまうのです。

思い起こせば、高校生のとき、父親からCanonのAE-1という一眼レフカメラを譲り受け、初めて撮影したときのこと。装填していたフィルムとカメラ側の感度設定が大きくズレており、全体に緑がかった気色の悪い写真が出来上がったということがありました。

普通は、DXマークという信号がフィルム側についていて、カメラ側でそれを認識して自動で感度を設定する機構が付いているのですが、AE-1にはその機構がついていませんでした(たぶん)。デジタル時代にはありえない、でもフィルムではちょくちょく犯しがちな貴重な失敗談でした。
[PR]
by minoru_n | 2007-02-21 01:23 | 写真/カメラ

水からの伝言???

今日の毎日新聞の夕刊4面に、「科学と非科学」という題目で、何年か前に話題になった「水からの伝言」という写真集に対する警鐘記事が載っていました。
何でも、「水からの伝言」によると、「ありがとう」と語りかけ続けた水からは、きれいな結晶ができるというきわめて非科学的な話が、割と安易に信じられ、学校での教材にも使われているケースがあるとのこと。

この手の話は、ファンタジーとしては面白いですが、それが実験(らしきもの)によって証明されたなんて言い出すと、詐欺とか悪徳商法の始まりであると思います。実験は多数決ではないですし、主観的な判断は時として”あばたもえくぼ”にしますから・・・。

この記事の中で、「水からの伝言」を反面教師として「科学とは何か?」を講義している学習院大学の田崎晴明教授という方が紹介されていました。氏が立ち上げているサイトがこちら
です。「水からの伝言」的なものの見方に対する警鐘を鳴らしています。

先日問題になった「納豆騒動」も、こうした現象の最たるものなのでしょう。
映画「34丁目の奇跡」ではないですが、「信じる」ことと「それが事実」であることとは異なることがあります。

F80+Ai AF Zoom Nikkor ED 70-300mm F4-5.6D
a0013597_1584247.jpg
水にも納豆にも何の罪もありません・・・。
[PR]
by minoru_n | 2007-02-10 13:59

■デジタル一眼

自分も含めて、まだ銀塩カメラを使っている人たちにとって、デジタル一眼の魅力って何だろう・・?
と改めて考えてみると、
 1.連写やオートブラケット撮影しても懐が痛まない。
 2.撮った写真がその場で確認できる。
 3.パソコンで鑑賞するとき、スキャンする手間が省ける。
 4.コマごとにISO感度を変更できる。
 5.フィルターを取り替えずとも、WB設定等で対応できる。
といったところでしょうか?
1~3は、比較的一般の方でも分かりやすい内容だと思います。
4・5は少しマニアックですが、僕の中では4がもっとも魅力的な項目です。
フィルムで撮っていて、感度100のフィルムを使っていたのに急に室内に入って、低速シャッターしか使えないというケースがよくあります。
また、5についても、被写体を照らしている光源を気にしなくても良いというのはとても魅力的ですね。
そんな訳で、今日も嫁のカメラ熱を仰ぐべく、「ママもカメラマン 子供編(創英社/三省堂書店)」という本を買ってきました^^。

◎写真は、お正月の姫路城(動物園)にて
F80+Ai AF Nikkor35mmF2D
a0013597_2311910.jpg

[PR]
by minoru_n | 2007-02-03 23:42 | 写真/カメラ