管理人:minoru_nがNikonF80にて撮影した写真を中心に日々の雑記を綴るサイトです。


by minoru_n
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

■横浜の元町にて

元町といえば、神戸で、高架下に怪しげな店がずらっと並んでいて、海側・山側に離れると、それなりにお洒落な店が並んでいて・・・、というのが関西人の定番ですが、ここは横浜元町。
表通り(?)は、とりあえず小奇麗にまとまっています。
a0013597_23262964.jpg
この写真は、モノクロにしようと思いましたが、お兄さんのシャツの黄緑がまぶしかったので、カラーにしました。
[PR]
# by minoru_n | 2009-07-21 23:30 | 旅行

■学割

一応、学生なので、学割が使えます^^。
今年の帰省も2割引です。
a0013597_1895687.jpg

※複製防止の為、適当にトリミングしました。
[PR]
# by minoru_n | 2009-07-20 18:10 | 旅行

■赤プリ

こんな都市のダイナミズムが、結構好きだったりします。
a0013597_22315091.jpg

[PR]
# by minoru_n | 2009-07-17 22:32

■大人の街

この域に達するには、まだまだ修行が必要・・・。
a0013597_2229161.jpg

[PR]
# by minoru_n | 2009-07-17 22:30

■石の話

大学の演習に絡んで、昨日、小林石材店のご主人小林善勝氏に、同志数名でお話を伺う機会を得ました。
小林石材店は、仙台青葉城の石垣修復も手がける、日本でも数少ないホンモノ集団です。小林氏曰く、今の日本で安心して石垣修復を任せられる職人は、10人ぐらいしかいないとのことです。
おそらく、日本の第一人者であろう氏のお話は、少しも驕るところもなく、職人気質の気難しさもなく、素人の私達にも分かりやすく興味深いものでした。
同じ種類の石でも、その生成過程によって用途の適・不適があること、正しく積めば、経年や地震によって締め固められていくこと、石垣の修復においては、原型からの微小な変位を見極めた上でのデリケートな対応が必要であることなど、"目からウロコ"の連続でした。
中でも、一番感銘を受けたのは、氏の持つ技術や知識を弟子や後世に伝承することに対する、並々ならぬ情熱でした。そこには、伝統の技術を伝えつつ、最先端の技術も臨機応変に採り入れる柔軟性があり、ものづくり大国日本が向かうべき道筋が示唆されているようでした。

感動的なお話の一部は、こちらにも。

D80+AF Nikkor 24mm F/2.8 D  江戸城外堀(飯田橋付近)
a0013597_217436.jpg

[PR]
# by minoru_n | 2009-04-26 21:23 | 雑学

■今年も開幕

開幕3カードで3勝5敗1分。例年に比べると物足りない数字ですが、阪神だけでなく、今年は若手の台頭が各球団で見られ、楽しみなシーズンになりそうです。

D80+AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
a0013597_0521699.jpg
[PR]
# by minoru_n | 2009-04-14 00:52 | スポーツ

■東京の桜は・・・

関西に比べて、咲いている期間が短いように思います・・・。

D80+AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
4/4 Sat. 上野動物園にて
a0013597_0342932.jpg

[PR]
# by minoru_n | 2009-04-14 00:34 | 旅行
少し前のことですが、妻から届いたメールです。
私も、見るのははじめです。ちょっと感動。
a0013597_232411.jpg
[PR]
# by minoru_n | 2009-03-04 23:04 | 日常生活

■壁

ブログなんか更新してる場合ではないのです。
大学のレポートが溜まって、少しでも書き進めんとアカンのです。
でも、人間というのは弱い動物で、目の前に壁が迫ると、まずはその現実を受け入れないことから始めるようです。でもその後どうしようもなくなったときに、壁に背を向けて逃げる人、壁を乗り越えて進む人、壁を突き破って進む人、はたまた・・・と、その人の真価が問われるのですね。
F80+??
a0013597_22274939.jpg

[PR]
# by minoru_n | 2009-02-18 22:28 | 日常生活

■会社の窓から

久しぶりに、(平日)晴れました。
新年一発目の記事で紹介しましたが、会社の窓(14F)から見える富士山です。
ついつい、日の丸構図(被写体をど真ん中に持ってくる-写真の指南書では、基本的にNGとされる)になってしまいます。
Ricoh R8
a0013597_23105855.jpg

[PR]
# by minoru_n | 2009-02-02 23:14 | 日常生活

■ご馳走?

我が家は、分譲賃貸マンションの1Fですが、専用庭があり、柚子、芙蓉、ピラカンサスなどの木が植えられています。
写真は、そのピラカンサス。晩秋からかなり長い間この実がなっていますが、1月頃になるとヒヨドリやメジロ、オナガなどがやってきて実をついばんでいます。
D80+AF AiNikkor50mm F1.4
a0013597_002062.jpg



a0013597_015497.jpg
[PR]
# by minoru_n | 2009-01-21 00:02 | 日常生活

■子育飴

年末年始の帰省のときに、京都で見つけました。
まったくもって、意味不明でしたが、どうやらこういうものだったようです。
a0013597_23532535.jpg
[PR]
# by minoru_n | 2009-01-19 23:57 | 子育て

■姫路の小赤壁公園

実家から歩いて30分弱のところにある公園です。絶景です。
高さ50mの絶壁が800mにわたって続く景勝地で、フリークライミングやパラグライダーを楽しむ人達でにぎわいます。

D80+AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
a0013597_2315678.jpg

[PR]
# by minoru_n | 2009-01-06 23:09 | 旅行

■神戸珈琲庵

年末年始の帰省の際に、以前よく行っていた「神戸珈琲庵」に2年ぶりに行ってきました。
なぜ2年ぶりかというと、2年間休業していたからです。
神戸大丸の海側のビルの地下にあったのですが、このビルの解体・新築工事に伴って休業し、昨年11月5日に再開したとのことでした。

ここは、お店の雰囲気もさることながら、とにかく珈琲が美味しくて、豊かな気持ちになれるとっておきのお店でした。珈琲は、マスターが丁寧に一人分ずつ丁寧に淹れてくれます。中でも、日替わりの日曜日版の「ブリティッシュ珈琲」と「ウィンナー珈琲」が特に絶品です。
以前のお店は、隠れ家的な雰囲気を持ったお店で、店内の調度品も重厚なアンティークのものが用いられ、照明も必要最小限に止めた落ち着いたものでした。
残念ながら、ビルの新築に伴って、店舗面積は半分になってしまい、照明も明るくなり、以前ほど落ち着いた雰囲気はなくなってしまいました。それでも、たまたま行った時間が良かったのか、客層が昔と変わらなかった為か、嫁と二人で小一時間ぐらい新しい店の雰囲気に浸っていました。
何よりも嬉しかったのは、マスターの人柄と珈琲の味が、2年前と変わらなかったことです。
これからも、帰省の度に、頑張って足を延ばしたいと思います。
D80+AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
a0013597_2343656.jpg
[PR]
# by minoru_n | 2009-01-04 23:04 | 美味
新年明けましておめでとうございます。
ことしも、ぼちぼちやっていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
今年始めのアップロードは、帰省途中の新幹線から撮った富士山です。会社の窓から毎日のように見ているのですが、富士山の見えないところで育った人間にとっては、何度見ても感動します。
D80+AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
a0013597_14501215.jpg


ついでに、我が家伝統の元旦の朝食です。
いたってシンプルです。
右側のお雑煮は、白味噌の味噌汁にお持ちと大根だけというシロモノです。
いわゆるおせち料理は元旦の昼と夜に豪勢にやるわけですが、今回は写真を撮り忘れましたので、また来年ご紹介します。
a0013597_14593399.jpg

[PR]
# by minoru_n | 2009-01-03 15:05 | 日常生活

■VR18-200mmようやく購入

2005年暮れの発売以来大人気を博してきたVRの18-200mm(正式名称は、AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF))を、ようやく購入しました。ここにきて中古価格も5万円を切ってきたので、手持ちのズームレンズ2本を下取りに出し、差額で購入しました。
これで、ちょっとした旅行であれば、これ1本を持ち出せば事足ります。
a0013597_15315366.jpg

[PR]
# by minoru_n | 2008-12-27 15:42 | 写真/カメラ
IKEAでは、モミの木(生木)とスタンドをセットで¥1,999で販売しています。このモミの木は、クリスマスツリーとして堪能した後、1月になってから購入時に渡された「購入証明書」とともに店に持ち込めば、¥1,999の商品券(もちろんIKEAでしか使えない)と引き換えてもらえます。つまり、タダで生のモミの木をゲットでき、クリスマスを楽しめるというわけです(あくまで"木"のみで、飾りは"別途"です)。

クリスマスネタでもう一つ。このサイトは、洋楽のクリスマスソングをひたすら(1年中?)流し続けています。著作権の程はよく分かりませんが、我が家ではクリスマスの日には、PCをステレオにつないで、1日流し続けています。
a0013597_19224687.jpg
[PR]
# by minoru_n | 2008-12-23 19:31 | 時事

■車を手放す

昨日、車を手放しました。
車検に出したところ、いろいろな不具合が見つかったこと、その修理代が結構な額であったこと、そもそも関東に移り住んでから乗る回数も激減していたこと、子供の機動力も高くなっているので、必ずしも車でないとでかけられない訳ではないこと、東京の道路はとにかく渋滞がひどいこと・・・等々いろいろと考えた結果、しばらく車のない生活をしてみようということになりました。
多少の不便はあるでしょうが、年間数千キロしか乗らない我が家にとっては、物欲を満たすだけの代物だったのかもしれません。

(本文と関係なく)吉祥寺ハモニカ横丁
D80+AF Ai Nikkor 24mm F2.8D
a0013597_1027305.jpg
[PR]
# by minoru_n | 2008-12-21 10:52 | 日常生活

■公園行きズームレンズ

公園で子供と適当な距離を保ったまま撮影できるので、長らくお蔵入りしていた、AF Ai Zoom Nikkor28-105mm F/3.5-4.5 Dを久々に持ち出しました。
動き回る子供を近づきすぎず撮影するには、ちょうど良い焦点距離帯です。
a0013597_195795.jpg

[PR]
# by minoru_n | 2008-12-16 01:10 | 写真/カメラ

■築地場外市場にて

D80+DX Nikkor 18-70mm F/3.5-4.5 G
a0013597_1847202.jpg

[PR]
# by minoru_n | 2008-12-14 18:47 | 旅行

■公立派

妻が、子供には小学校も中学校も受験させるつもりはないと他のお母さんに話したところ、非常に驚かれたらしい。
お受験とか、そういうのが盛んな土地柄のようで、やむをえないと思うが、感性豊かな育ち盛りに、部屋にこもって受験勉強するなんて、人生における取り返しのつかない損失だと思っている。

D80+Ai Nikkor 45mm f2.8P
a0013597_23232176.jpg

[PR]
# by minoru_n | 2008-12-11 23:23 | 子育て

■東大に入学しました

突然ですが、10月から、東大(大学院-修士課程)に入学しました。
通称「東大まちづくり大学院」という社会人向けのコースです。一般の方には理解しがたいと思いますが、「土木工学」と「建築工学」と「都市工学」という3つの分野は、近くいようで遠い存在で、お互いがお互いをけん制しあっているところがあります。
実態はともかくとして、このコースは、その3つの分野の共有領域のエキスパートを育成するという理念で誕生したコースです。同期入学は18名、幾多のまちづくりを経験してきた猛者たちの集団の中で、刺激的な(?)毎日を送っています。

会社に勤めながらの二足のわらじなので、体力と相談しながらの通学ですが、とりあえず「学生」なので、定期も、長距離の旅行も、PCソフトウェアも、すべて「学割」がききます。

D80+AF Ai Nikkor24mm F2.8D
a0013597_1518996.jpg

東大本郷キャンパスにて
[PR]
# by minoru_n | 2008-12-07 15:25 | 日常生活

■夏の思い出

この夏は、勤続10年のリフレッシュ休暇で、石垣島や沖縄の美ら海水族館などに行く予定をなんとなく立てていたのですが、7月からの本社異動で夢と消えてしまいました。
一応、延長が利くので、来年以降に持ち越すとします(泣)。

写真は、実家に帰った際に行った「姫路市立水族館」。ウミガメの研究で有名な館長がいたとかで、小さな小さな水族館ですが、ウミガメがやたらとたくさんいます。
私がこの水族館で好きなのは、かつてはそこら中に居た身近な水生生物が丁寧に展示してあるところです。
トノサマガエルやタガメ、ゲンゴロウなど、我々の子供の頃でも、すでにあまりお目にかかれなくなっていた生物達です。

昆虫少年だった私は、小学校時代、いろんな虫を追いかけて過ごしましたが、当時出会えなかった生き物に出会うと、なんとも言えずあの頃が蘇ってきます。
a0013597_23553553.jpg

[PR]
# by minoru_n | 2008-09-15 00:11 | 旅行

またもや異動

またもや異動です。
とはいっても、同じビルの中の別のフロアに行くだけなのですが、1年間限定で現在の生産(技術)部門から本社機構に行くことになりました。
人事、その他役員会の事務局的な総務系の仕事がメインですが、こういうポジションは、得てして社内のクレーム処理係となるので、ちょっと気鬱です・・・。
まぁ、いまさらどうこう言っても始まらないので、良い勉強と思って前向きに頑張るしかありません。

写真は、少し前のものですが、三浦半島の観音崎にて。
D80+AF ZoomNikkor70-300mmED F/4-5.6 D
a0013597_22565383.jpg
[PR]
# by minoru_n | 2008-06-23 23:04 | 日常生活

■箱根ドライブ

今年のGWは、正規の休みは少なかったのですが、3月にしこたま働いた分の代休などで、4/30~5/2を休み8連休をゲットしました。
子供の学校と幼稚園があるので、大きな旅行には行けませんでしたが、子供が学校と幼稚園に行っている間にヨメと二人で出かけたり、子供とプールに行ったりとのんびり過ごしました。

そんな中、今日は箱根までドライブに出かけました。
とにかく道が混むので、ちょっとした遠出が億劫になるのが、首都圏に住むことのデメリットの一つなのですが、今日は早めに出かけたおかげで箱根付近までは渋滞に会わず、スーッと行くことが出来ました。

まず、目指したのは、前日にガイドブックで調べていた"ひめしゃらの湯"。箱根湯本駅から奥に入っていったところにあり、森の中の露天風呂といった感じで、なかなか良い雰囲気でした。お湯の温度も、長く入っていられるちょうど良いものでした。また、今日までの限定で欄の花が湯船に浮かんでいるというオプションつきでした。

その後、施設のシャトルバスで湯本の町まで行き、お土産や食事などを済ませたあと、芦ノ湖まで足を伸ばしました。芦ノ湖周辺は濃霧で、湖も富士山も拝むことは出来ませんでしたが、以下のような幻想的な写真を撮ることが出来ました。
D80+AF DX Nikkor18-70mm
a0013597_20174285.jpg

a0013597_20181750.jpg

[PR]
# by minoru_n | 2008-05-05 20:21 | 旅行

■一年生

年度末の多忙の為、しばらく更新をサボっていましたが、ぼちぼち再開したいと思います。

上の子が小学校に入学しました。
家庭と異なる世界に一人で入っていくという意味では、幼稚園に行きだした頃の方が感慨深いものがありましたが、何はともあれ、元気でたくさんの友達とふれあい、大きく成長することを願うばかりです。

D80+AF Nikkor 50mmf1.4
(デジ一になって、めっきり出番の減った50mmf1.4ですが、静物撮りやポートレイトでは、望遠側に寄った約75mmという画角が心地よいです。)
a0013597_2346040.jpg

[PR]
# by minoru_n | 2008-04-22 00:00 | 子育て

■いかなごのくぎ煮

実家から、自家製「いかなごのくぎ煮」が届きました。
"いかなご"という魚をまるで"釘"のような形に煮込むことからこの名前がついているようです。
いわゆる「佃煮」の仲間で、この時期に解禁となったいかなごと醤油、しょうがを水分がなくなるまで煮込んで作ります。
少し時期が遅れると、魚が成長して、やや硬いものになってしまうのですが、出始めの時期に煮込んだものはやわらかく、ご飯のお供に最適です。
神戸から姫路あたりにかけての兵庫県の瀬戸内地方のこの時期の風物詩で、関西では、いかなごのくぎ煮がスーパーに並ぶと、いよいよ春の訪れです。


関東でも最近は暖かくなってきました。
いよいよ春の訪れですが、3月いっぱいは繁忙期が続きます。花粉症でないのがせめてもの幸いです。

a0013597_12403856.jpg

[PR]
# by minoru_n | 2008-03-13 12:50 | 美味

■大河ドラマ「篤姫」

今年の大河ドラマ「篤姫」が良いです。
毎週決まった時間に(録画したとしても)テレビを見るという行為が面倒なのと、あまり興味が沸かなかったということもあり、ここ何年か大河ドラマは観ていなかったのですが、久しぶりに毎週楽しみに視聴しています。

これまでの大河ドラマでも、ある程度時代考証を無視して、現代人に分かりよく伝えようとする試みはありましたが、作り手の主張が強すぎて違和感があるものも多かったように思います。
「篤姫」は、そういった意味で、純粋に「ドラマ」として楽しめる内容だと思います。

歴史モノとしてのとっつきにくさが非常に上手く削られて、宮尾登美子さんの原作のエキスが忠実に再現され、篤姫の生きた時代の潮流、時代の流れをしっかりと受け止めた人間としての篤姫の強さと成長ぶりが、現代人であるわれわれにとても分かりやすく伝えられようとしていると思います。
あまり歴史に興味のない方でも、楽しめるのではないでしょうか?
宮崎あおいさんというキャスティングも見事ですね。
原作の「天璋院篤姫」もとてもお勧めです^^。

D80+AFNikkor35mmf2D(本文と関係なく・・・)
a0013597_2145224.jpg

[PR]
# by minoru_n | 2008-02-19 02:20 | 読書

■休日出勤

平日は、いくらでも仕事するけど、土・日・祝は休むのが、我がチームのポリシー。
ただ、今日はのっぴきならぬ事情で休日出勤。
何故か、普段よりも早起きし、普段よりも1時間以上早く到着。
まだ、人気のないオフィスでした。

写真は、何となくお供に連れて行ったD80+45mmf2.8Pにて・・・。
a0013597_034337.jpg

[PR]
# by minoru_n | 2008-02-11 00:05 | 日常生活

ふりだしに戻る

繁忙期になると深夜残業が増えるので、帰宅はタクシーを使うことが多くなります。
会社から自宅までは、会社近くの「池尻」というところで首都高速3号線に乗り、そのまま東名高速に乗り継いで「横浜青葉」というICで下ります。深夜であれば、約20分の道のりです。

その日も、いつもと同じように会社の前でタクシーに乗ったのですが、高速に乗るための「池尻」の入り口が工事の為封鎖されていました。
そこで、必要以上にうろたえていた運転手に、少し不安を抱きましたが、ナビも搭載されていたので、そのまま任せることにしました。

そのうち、国道をそれ、前を走っていたタクシーに続いて住宅街へ入っていきます。
タクシー運転手の知る裏道だろうと思ってると、地図に示すような、環八を首都高の用賀入り口(会社方向)と東名の東京インター(自宅方向)とが向かいあわせているところに出ました。

用賀入り口側から環八を突っ切ることはできないので、どうするのかと思っていると、何を思ったかくるっとUターンした上で用賀入り口を入って行きました。つまり逆走です。
運転手が気づいたのは、しばらく走ってからで、結局元の池尻まで出口はなく、"ふりだしに戻る"形となり、1時間の道のりとなってしまいました。
呆れて、怒る気にもなりませんでした。

今日は、関東地方は積雪。夕方になっても雪が融けずに残っていたので、明日の朝の凍結が心配です。

D80+Nikkor45mmF2.8P
a0013597_20214712.jpg

[PR]
# by minoru_n | 2008-02-03 20:47 | 日常生活